競輪コラム

公営ギャンブル全種類まとめ【還元率は?稼げるのはどれ?】

競輪Times

今回は公営ギャンブルについてまとめてみようと思います!

公営ギャンブルは色々な種類があるので、どんなのがあるか気になる人も多いかもしれません。

私の視点でできるだけ詳しく書いていくので、参考になれば嬉しいです。

\ 競輪を始めるならWINTICKET /

<WINTICKET公式アプリ>

iOS / Android

公営ギャンブルとは?

公営ギャンブルは、公営競技と公営くじの2つに分かれています。

具体的にはこちら。

  • 公営競技:競馬・競艇・競輪・オートレース
  • 公営くじ:宝くじ・スポーツ振興くじ

簡単に言うと、地方自治体(都道府県や市町村)が主催して行うのが「公営競技」。

国が管理しているほうが「公営くじ」です。

公営ギャンブルの全種類を紹介!

ここからは公営ギャンブルをそれぞれ紹介していきます。

もう一回まとめると、公営ギャンブルの種類はこちら↓

公営ギャンブルの種類
  • 競馬
  • 競艇
  • 競輪
  • オートレース
  • 宝くじ
  • スポーツ振興くじ

順番に特徴を紹介していきます。

競馬

競馬は「騎手が馬に乗って速さを競う」+「どの馬が勝つか」を予想する競技。

公営ギャンブルの中で一番有名ですよね。

新聞やネットなどの予想情報をみて、馬の番号に賭けて馬券を買って当たれば、賭けた額×配当分がもらえます。

万馬券を大当たりして大金を手にして人生が変わったという人もいるみたいなので、夢のあるギャンブルのひとつかもしれません。

もし競馬をやりたい方は、地方競馬全場に投票できる『楽天競馬』から始めるのがおすすめです。

無料で使えて、楽天ポイントが貯まったり、ライブ映像や過去のレース、予想に役立つ情報も見られます。

競艇

競艇は「モーターボートの速さを競う」+「どの艇が勝つか」を予想する競技。

始まりは競馬や競輪と同じで1951年から始まった公営ギャンブルです。

最近はテレビCMとかで有名人が宣伝をしているので、目にする機会が多くなったかもしれないですね。

舟券を買って当たれば、その配当分がもらえる仕組み。

インコースがかなり有利というもが競艇の特徴の一つです。

競輪

競輪は「自転車で着順を競う」+「どの選手が勝つか」を予想する競技。

始まりは1948年で、競馬や競艇と同じく戦後復興の一環として始まりました。

競輪で予想(購入)する券は車券と言って、予想の仕方は競馬や競艇とほぼ一緒で、当たればその配当分がもらえます。

公営ギャンブルの中で、的中率と配当のバランスが一番いいと言われている競技なので、初心者でも始めやすい公営ギャンブルですね。

競輪をやってみたい方は、競輪投票アプリのWINTICKET使って始めてみるのがおすすめです

無料登録で1,000円分のポイントがもらえるので、リスクなく気軽にスタートできます。

WINTICKET(ウィンチケット)-競輪/オートレース予想
WINTICKET(ウィンチケット)-競輪/オートレース予想
開発元:WinTicket, Inc.
無料
posted withアプリーチ

オートレース

オートレースは「車・バイクの速さを競う」+「どの車・バイクが勝つか」を予想する競技。

レース場は日本に5つ(川口・伊勢崎・浜松・山陽・飯塚)あって、レースは8人の選手で行われます。

レースは大きく2つに分かれていて

  • 距離の差があるレースを「ハンデレース」
  • 同じ力量の選手で行われるレースを「オープンレース」

と呼ばれています。

競馬・競艇・競輪と比べて選手の数が少ないので、誰が勝つかを比較的予想しやすいとも言われています。

宝くじ

宝くじは数字を予想して当たったら、お金が手に入るというくじです。

もう言うまでもないくらいの知名度ですね。

有名なのはサマージャンボや年末ジャンボ。

高額当選したら、一気に大金を手にすることになるので、どうしていいかわからなくなって、逆に破滅する人がほとんどとかも言われたりもしています。

こわいですよね笑

ですが、億単位のお金が手に入ったら、もう働かなくていいレベルだからめっちゃいいですよね。

簡単にできる分、完全に運要素が強いのも特徴です。

スポーツ振興くじ

スポーツ振興くじは、TOTOとかロトとか言われるくじのこと。

TOTOはサッカーの試合を予想するもので、一口100円から賭けられて、5つ、6つあるいは7つの数字を予想するものです。

ロトの種類はミニロト、ロト5、ロト7などがあります。

やり方は

  • ミニロト:1~31までの数字の中で5つ
  • ロト:61~43の数字の中で6つ
  • ロト7:1~37の数字の中で7つ

好きな数字を選んでマーク(予想)するだけ・

簡単ですが、宝くじみたいに還元率がちょっと低めというのがネックかもしれません。

準公営ギャンブルの種類

「パチンコとかスロットもギャンブルじゃないの?」という方もいるかもですが、実はこの2つは公営ギャンブルではありません。

ただ、けっこう似てる部分もあるので「準公営ギャンブル」と言われています。

パチンコ

パチンコはハンドルをひねって玉を打ち出して遊ぶゲームのこと。

当たると玉がいっぱい出てきて、打ち出した玉以上に玉が戻ってくれば勝ち。

逆だったら負けって感じです。

当たる頻度や玉の出る数は機種によってかなり違うみたいなので、しっかり見定めてやることが大事みたいです。

1円パチンコとか4円パチンコとか種類もいくつかあるので、

  • 一発狙いでいきたかったら、ハイリスクハイリターンの台
  • 長く遊びたかったら、1円とかのローリスクの台でやる

のがいいのかもしれないですね。

スロット

スロットは数字や絵柄がついた3列のリールを揃えて遊ぶゲーム。

メダルを入れてリールが回ったら、手前にあるストップボタンを押すだけなので、やり方は簡単!

「777」がそろったら当たり!みたいな絵はけっこう有名ですよね。

スロットもパチンコと同じで、機種によって当たりやすい当たりにくいというのがあるので、この見極めが大事になってくるみたいです。

公営ギャンブルの還元率は?

じゃあ、公営競技それぞれの還元率はどのくらいなの?ってことでまとめていくよ〜

種類 還元率
競馬 74.1 %
競艇 74.8 %
競輪 75.0 %
オートレース 74.8 %
宝くじ 45.7 %
スポーツ振興くじ 49.6 %

公営ギャンブル系は75%前後、公営くじは50%を下回る感じです。

ってことは宝くじって例えば100円買ったら、戻ってくるのは半分の50円ってことですね。

これはつらい。。

けど、逆に公営ギャンブル系はもう少し高くて、その中でも一番還元率がいいのが競輪です。

ちなみにパチンコとスロットは85%くらい。

還元率というのは、賭けたお金に対して戻ってくるお金の割合のこと!

簡単に説明するとこんな感じです。

還元率とは?

還元率というのは、賭けたお金に対して戻ってくるお金の割合のこと。

簡単に説明するとこんな感じです。

<還元率の例>

くじ引きで当たりが1本、はずれが9本の合計10本のくじ引きがあります。

これを1本100円で10人の人が購入したとします。

当たりを引いた人に900円の払い戻しがある場合、

  • 当たった人は900円
  • はずれた人は0円

胴元が100円となります。

つまり90%が賭けた人に戻ってくるお金の流れなので、還元率は90%となります。

まとめ:おすすめの公営ギャンブルは?

ということで、今回は公営ギャンブルについてまとめてみました。

「で、結局どのギャンブルが稼げるの?」

というのが気になるところだと思いますが、私のおすすめは競輪です。

詳しい理由は初心者におすすめのギャンブルの記事にまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

初心者におすすめの公営ギャンブルは?【私が競輪をやる5つの理由】
初心者におすすめの公営ギャンブルは?【私が競輪をやる5つの理由】
競輪を始めるならWINTICKET

ウィンチケットならスマホ・アプリでカンタンに競輪ができる!



 今なら無料登録で1,000円分もらえる!

>> WINTICKET公式アプリをインストールする

記事URLをコピーしました