競輪コラム

競輪で使われている自転車の5つの特徴と秘密。

こんばんはー

あやです。

競輪で使われてる自転車ってどーゆうのか知ってますかー?

競輪で使われている自転車の5つの特徴と秘密

とにかく速く、力強く。選手と一体化し走るためだけに生まれたマシーン。

それが競輪で使われている自転車を端的に表してるんです。
競輪のレースで使われている自転車のことを「レーサー」と呼びます。

このレーサーは、それぞれの選手に合うように、全てのパーツが綿密にチューニングされている、完全なオーダーメイドになっていて、レーサーのいろんなところに、選手の体と一体になってバンクを走る工夫が凝らされています。

そんなレーサーには5つの特徴があります。
それがこの5つ。

レーサーの特徴
  1. ブレーキがない
  2. フレームは世界でひとつしかない職人の手作り
  3. 後輪ギヤが固定されている
  4. ギヤ倍数
  5. タイヤ

順番に解説していきましょー。

①ブレーキがない

レーサーは、速く走るためだけに生まれた自転車。

「スピードを出すために必要のないもの」を極限まで排除しているので、ブレーキはついていないんです。

スピードの調整は、選手が自分の足の力で、漕ぐスピードを調整しています。

②フレームは世界でひとつしかない職人の手作り

レーサーのフレームは、しなやかさと強さがバランスよく融合した鉄(クロモリ鋼など)で作られています。

一台一台ビルダーと呼ばれる職人の手作り!

なので、レーサーのフレームは世界でひとつ。

全く同じものはひとつもないんです!

③後輪ギヤが固定されている

競輪の自転車は「後輪ギヤ」が固定されています。

なので、ペダルが空回りしない「踏み切り」になっている点も普通の自転車とは違うんです。

④ギヤ倍数がさまざま

ギヤ倍数は小さいほど漕ぐ力は軽くなって、短時間でトップスピードに到達しますが、トップスピードを持続するには、より多くペダルを回転させる必要があります。

ギヤ倍数が大きいと漕ぐ力が重くなり、トップスピードになるまで時間がかかりますが、少ない回転でトップスピードが持続できます。

ちなみに「ギヤ倍数」は、
自転車のペダルがついているギヤの歯車の数÷後輪ギヤの歯車の数
のことです。

⑤タイヤ

レーサーのタイヤは外径は675mm、太さは22mm。

走路との接地面を小さくすることにより、摩擦を減らし、速く走るための工夫が凝らされています。

競輪を始めるならWINTICKET

ウィンチケットならスマホ・アプリでカンタンに競輪ができる!



 今なら無料登録で1,000円分もらえる!

>> WINTICKET公式サイトを覗いてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。