競輪のグレード別優勝賞金ってどのくらい?【グランプリの優勝賞金は1億円!?】

競輪Times

今回は競輪のレースの優勝賞金について紹介していきます!

\ 競輪を始めるならWINTICKET /

<WINTICKET公式アプリ>

iOS / Android

競輪レースのグレード別優勝賞金

競輪のレースは6つのグレードに別れていて、グレードが高いほど賞金額も上がります。

各グレードごとに出場出来る階級が定められているので、選手はより多くの賞金を獲得するために一つでも上の階級を目指します。

ここではグレード別の賞金について説明します。

GP

優勝書金額

1億160万円

主なレース
  • KERINグランプリ

レースのTOPが毎年12月30日の行われるKERINグランプリです。

KEIRINグランプリは同年のGIを優勝した選手と年間の獲得賞金ランキング上位者の合わせて9人により争われ、優勝者には約1億円の賞金が出ます。

同時にこの9名が翌年のS級S班となります。

G1

優勝書金額

2,500〜6,000万円

主なレース
  • 読売新聞社杯
  • 全日本選抜競輪
  • 日本選手権競輪
  • オールスター競輪

GPに次いでグレードの高いレースG1。

優勝者には1,000万円を越える賞金とKEIRINグランプリへの出場権が与えられます。

出場出来るのS級選手のみとなり、ハイレベルな争いが繰り広げられています。

年6回開催されます。

G2

優勝書金額

325〜1,940万円

主なレース
  • 共同通信社杯
  • サマーナイトフェスティバル
  • ヤンググランプリ
  • ウィナーズカップ

特別選抜予選がなく、全選手が予選からスタートとなります。

S級の選手全てに平等なチャンスが与えられる共同通信社杯や、デビュー3年以内の競走得点上位9名が出場できるヤンググランプリなど、実力ある選手のためのレースです。

G3

優勝書金額

215〜360万円

主なレース
  • 国際自転車トラック競技支援競輪

G3は、各競輪場が開設日などを記念して、原則年1回開催(4日制)するオールS級選手によるレースです。

大会名に、◯◯周年記念◯◯◯杯などとつけている大会が多いです。

また近年ではトラック競技を支援する目的のレースも増えてきています。

F1

優勝書金額
  • S級:約110〜162万円
  • A級:約34〜38万円

S級選手とA1班とA2班が出場します。S級選手とA級選手が同じレースに出ることはありません。

ガールズケイリンが開催される場合は

  • S級戦:5レース
  • A級戦:5レース
  • ガールズ戦:2レース

の計12レースでの開催となっています。

ちなみに、F1のFは「fundamental」という意味だそうです。

F2

優勝書金額
  • A1・A2:約35万円
  • A3:約13.7万円

各競輪場で開催されるオールA級選手によるレース で、1年を通じて開催が最も多いレースです。

1日10レース開催されています。

競輪を始めるならWINTICKET

ウィンチケットならスマホ・アプリでカンタンに競輪ができる!



 今なら無料登録で1,000円分もらえる!

>> WINTICKET公式アプリをインストールする

記事URLをコピーしました