競輪の基礎知識

「競輪」と「KEIRIN(ケイリン)」の違いを小学生でもわかりやすく説明します!

競輪について調べていると、たぶん「競輪」「KEIRIN」というワードにぶつかりますよね。

  • 何が違うのー?
  • どっちも読み方は”けいりん”だし一緒じゃん!

とか思ったり。けど、これ、けっこう違いがあるんです。

ということで、今回はこの
「競輪とKEIRIN(ケイリン)の違い」
について書いていこうと思います。

もしかしたら、けっこう長くなっちゃうかもしれませんが、小学生でもわかるように噛み砕いて説明していきますね!

「競輪」と「KEIRIN(ケイリン)」の違い

「競輪」「KEIRIN」の違いについて、7個主要なものを順番に書いていきますね!

これだけ読めばなんとなく2つの違いを掴めるかと思います。

【歴史】「競輪」は親。「KEIRIN」は子ども

まずは、競輪の歴史をちらっと書いていきます。

「競輪」と「KEIRIN」はどっちが先に始まったかというと、「競輪」が先で、そのあとに「KEIRIN」が始まりました。

KEIRINは競輪を真似て作られたという話もあるので、けっこう似たようなところもあったりもするんです。
なので、簡単に言うと「競輪」が親で「KEIRIN」が子供みたいな感じでイメージしてもらえるとわかりやすいかなーと思います。

【種類】「競輪」はギャンブル。「KEIRIN」は競技

次や種類の話です。

最初はどっちがどっちか混乱するかもしれませんが、「競輪」が予想とかをするギャンブルのほうで、「KEIRIN」はオリンピックの種目にもなった競技です。

競馬とか競艇を考えてもらえれば、漢字のほうが、ギャンブルのほうの競輪ってすぐわかりそうですね!

ちなみに、KEIRINは日本発祥のオリンピック競技で、日本では柔道に2番目の種目だそうです。
あと、海外ではKEIRINは「キーイリン」と言うみたいですよー

【戦い方】「競輪」は団体戦(ライン戦)。「KEIRIN」は個人戦

次が戦い方です。

「競輪」はライン戦というチームで協力しながら戦う団体戦で、「KEIRIN」は一人一人で熱く戦う個人戦です。

ライン戦というのは、簡単に言うと2~5人の選手たちが隊列を組んで駆け引きするレースです。

【人数】「競輪」は9人。「KEIRIN」は5~8人

続いて、人数の話。

「競輪」は9人固定で、「KEIRIN」は5~8人で変動があります。

【バンク】「競輪」は333B~500m。「KEIRIN」は250mのみ

あとは、バンクといって、レースをする長さです。

「競輪」は333B~500m。「KEIRIN」は250mだけです。

【周回】「競輪」は4~6周。「KEIRIN」は8周

あとは、レースをする長さですね。

「競輪」は4~6周でレースによってばらばら。「KEIRIN」は8周で固定です。

【床】「競輪」はコンクリート。「KEIRIN」は板張り

最後が床の違いで、これは一目でぱっとわかります。

「競輪」はコンクリート「KEIRIN」は板張りになっています。

写真も見てもらうとけっこう一目瞭然でわかりますね!

「競輪」と「KEIRIN(ケイリン)」の違いを表にまとめてみた

最後に表にまとめてみます!

競輪KEIRIN(ケイリン)
戦法団体戦(ライン戦)個人技
人数9人5~8人
バンクの長さ333~500m250mのみ
周回4~6周(約2000m)8周(約2000m)
コンクリート板張り
ラインありなし
カント30°45°
ブロックありなし(1発で失格)

 

まとめ

「競輪」と「KEIRIN」の違い、なんとなくわかりましたでしょうか?

最初は

  • 「競輪」→ギャンブル、団体戦
  • 「KEIRIN」→競技、個人戦

くらいで覚えておけばいいと思います。

そのあとで、細かい部分は少しずつ覚えていきましょう!

競輪を始めるならWINTICKET

ウィンチケットならスマホ・アプリでカンタンに競輪ができる!



 今なら無料登録で1,000円分もらえる!

>> WINTICKET公式サイトを覗いてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。